columnARコンテンツ開発会社に相談!見積もり依頼前に押さえるべき事例紹介

ARコンテンツ開発会社に相談!見積もり依頼前に押さえるべき事例紹介

ARコンテンツ開発会社に依頼を!ARとは?

近年注目されている「AR」について、詳しく知っている方はどれほどいるでしょうか。ARやVRはなんとなくCGを使った近代的なものという漠然としたイメージを抱く方も多いかもしれませんが、実は想像以上に身近なものでもあります。最近では、ARを使ったアプリの普及や体験型のイベントなども開催され、気軽にARを体験できるようになりました。ARコンテンツの開発依頼をお考えの方は、見積もり依頼をする前に活用シーンや導入事例などを知り、開発経験の豊富な会社に相談しましょう。

ARとは?開発会社を調べて依頼しよう!

ARコンテンツの開発を依頼する前には開発会社を調べて、開発経験などの実績を確認しましょう。まずは、ARとはどのようなものかについてと、似ている名前のVRとの違いについてご紹介いたします。

現代では誰もがスマートフォンを所持する時代となったため、日常生活の中でARが簡単に体験できます。最近のテクノロジーは難しくてよくわからないという方にも、わかりやすくARについてご紹介いたします。

Augmented Reality(拡張現実)とは?

Augmented Realityについて

ARという言葉はよく耳にするけど、いざ「ARって何?」と聞かれると正確に答えられる方は少ないかもしれません。まずは、ARとは一体何なのかについて詳しく見ていきましょう。

ARとはAugmented Realityの略であり、「拡張現実」という意味です。スマートフォンやタブレットのカメラ越しの世界の中にCGを重ねて、実在しているかのように映し出すことができる技術をARと呼びます。

近年では性能の高いスマートフォンが普及したことで気軽にARコンテンツが楽しめるようになり、ゲームアプリも多くリリースされるようになりました。

その一例として、2016年に大ブームを巻き起こした「ポケモンGO」はARを活用したスマホアプリです。現実世界の中にキャラクターが実在するかのように感じられ、ブームと同時に世間にARコンテンツが広く認知されました。

現在のARコンテンツのほとんどがCGなどの映像情報が追加されたものですが、香りや音声情報の付加の実現も可能と言われています。

ARは、「ロケーションベースAR」と「ビジョンベースAR」に分けることができます。ロケーションベースARの多くは、スマホの位置情報を利用しARを組み合わせてARを表示させます。例えばロケーション情報をもとに、現在では存在しない過去の建物を再現させることも可能です。

ビジョンベースARは、詳しく分けるとマーカー型とマーカーレス型に分類できますが、活用用途が多いのはQRコードなどを利用してARを表示させるマーカー型です。よく使われているのが、購入した商品をスマホで読み取り動画やアニメーションを表示させる技術です。

VRとの違い

ARとVRの違い

ARに似た言葉で、「VR」があります。言葉の響きは似ていますが、ARとVRは何がどう違うのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

VRはVirtual Realityの略で、「仮想現実」を意味します。バーチャルリアリティという名前のとおり、VRはバーチャルの空間を創り上げ、VRを通して映る世界を現実世界のように見せることができる技術です。例えば、VR専用ゴーグルを装着するとゲームの中や現実とは異なる世界を体験できます。VR専用ゴーグルで視界を360度覆うことで、現実と映像の区別がつかなくなるため仮想の世界に没入できるようになるのです。

ARとVRの明確な違いを説明するのは難しく、ARとVRはどちらにも当てはまる点が多くあります。ARで使われるCGもバーチャルなので、そうするとARはVRの一つとも捉えることができます。

しかし、ARとVRの違いを説明する上では現実世界との関わり方の違いを見るとわかりやすいでしょう。現実世界にコンテンツや機能を付け加えたり、何かしらの価値をテクノロジー技術で追加や拡張したりするのがARです。それに比べて、VRはゼロから創られたバーチャル世界に入り込んでリアルな体験ができます。VRは、仮想世界を写すだけでなく、ゴーグルを装着している人の動きを検知してそれに合わせて映像を変化させるため、まるで見えている世界が現実そのもののように感じることができるのです。

また、ARは企業のプロモーションやマーケティングなどにも活用しやすく誰でも気軽に体験でき、開発費用も安価という特徴があります。VRはスポーツ観戦やエンターテインメントなどの場面で利用されることが多く、ヘッドマウントディスプレイ型になると開発費用は高くなります。

ARコンテンツ開発の見積もり依頼前に知っておくべき事例

ARコンテンツ開発を依頼する前には、現在世の中のARコンテンツがどのように活用されているのかを知っておく必要があります。ゲーム分野にARが導入されたことがARの世間的な認知のきっかけですが、その後はゲームに留まらず、あらゆる業界で活用されています。ARを活用することは、新鮮さを感じてもらうだけでなく消費者の購買意欲や機会損失を防ぐことにも有効的なのです。

こちらでは、ARの活用シーンや具体的な導入事例についてご紹介いたします。

活用シーン

ARコンテンツの活用シーン

ARが普及するようになり、ARコンテンツはプロモーションだけでなく物流業界やファッション業界など多くのビジネスシーンで活用されるようになりました。

ARは主に、情報をわかりやすく伝えるための用途で活用される方法と、体験価値を向上させるために活用される方法に分かれています。

現在最もARが活用されているシーンは、広告・プロモーション業界なのではないでしょうか。なぜなら、ARコンテンツと商品プロモーションは相性がよく、ARと商品やサービスを組み合わせることで、消費者によりわかりやすくリアルな情報を伝えることができるからです。ARコンテンツを見た消費者の購買意欲は向上されるため、プロモーション効果は大きく期待できます。紙媒体の広告の場合はARコンテンツを組み合わせることで、より訴求力が上がり話題性にもなるため付加価値を与えられるでしょう。

体験価値の向上としての活用方法は、ARコンテンツを利用したゲームなどが挙げられます。VRのように完全仮想世界への没入はできませんが、現実の空間をデバイスで認識して現実世界をゲームの舞台にしたり、体験型イベントや周遊型ARコンテンツとしても活用できます。今までにない新しい体験は、利用者の満足度を向上させる施策としても有効です。

近年、ファッション業界でもARコンテンツが活用されることが増えてきました。ネットショッピングで購入した商品は、届いて実際着てみたらイメージが異なっていたなんてことも多いものですが、AR技術を用いることで試着をリアルに体験することが可能です。もし在庫がない場合でもARでの試着はできますので、入荷後に商品を発送すれば、企業の機会損失を防ぐことにもつながりますし、イメージの違いによる返品削減にも効果的でしょう。

具体的な事例

ARコンテンツの具体的な事例

ARコンテンツをビジネスシーンで利用する業界は増加傾向にあり、ARのニーズは年々高まっています。こちらでは、今後はさらに世間一般に浸透していくと考えられているARコンテンツの具体的な事例についてご紹介いたします。

ゲームとARの組み合わせ

先ほど少し触れた「ポケモンGO」のように、ゲームのキャラクターが現実世界に出現するかのような楽しさは、ARならではの楽しみ方です。

ECサイトにAR導入

ファッション業界の試着体験だけでなく、ARコンテンツをECサイトに導入する企業は増加しています。例えば、家具ブランドで有名な「IKEA」では、「IKEA Place」という専用アプリを使って自宅の部屋の中に実寸大の家具が設置できます。精度が高く、アプリ内で設置してみてイメージに合えばそのままオンラインサイトで購入できる画期的なシステムです。

ナビゲーションにARを導入

一部のスマートフォンでは、GoogleマップのARナビ機能が利用できます。街中をカメラで映すと矢印でルートが表示されるため、目的地まで迷わず向かうことができます。

美容業界にARを導入

自宅にいながら、気になる化粧品のバーチャルメイクが体験できます。もちろん自分の顔写真で試すことができるため、購入前にメイク後のイメージがしやすく、メイクシミュレーションアプリは今後さらに拡大していくでしょう。

教育とARの組み合わせ

教科書や資料にARコンテンツを組み込むことで、イラストや音声などが再生できます。積極的に取り入れている教育現場もあり、文字だけでは理解しづらい情報も、視覚情報を加えることでよりわかりやすいものとなるでしょう。

ARコンテンツの開発は技術力の高い会社に相談しよう

ARとは、現実の世界にデジタル情報を付け加えて拡張させたテクノロジーです。現在、様々な業界で活用されているARコンテンツは、将来的に私たちの生活の一部になっているかもしれません。VRとは異なり、より身近でプロモーションなどで使いやすいARは多くのビジネスシーンで活用されています。

15minは最新技術を駆使し、高い技術力でお客様のニーズに合わせたARコンテンツを制作いたします。ゲーム開発で培ったエンタテイメント性を活かしたコンテンツや複数人がリアルタイムに体験するなどの通信を用いたサービスの開発力が強みです。開発や費用のお見積もり、ご相談はお気軽にお問い合わせください。